車検、税金支払いも怖くない!我が家の目的別積立。

マイホーム

こんにちは、くろねこです。

車検代や固定資産税、自動車税など税金の支払いは

大きなお金が動きますよね。

支払いのときになって、

どこからお金を捻出するか悩んだことはありませんか?

我が家も以前はそうでした。

支払いの払込書が届いてから

貯金から出すか月々の給料から出すか…と

毎回悩んでいました。

でも目的別積立を始めてから

それがなくなり支払いもスムーズで

気持ちも余裕が出来ました。

今回はその我が家の目的別積立についてお話しします。

こんな方におすすめの記事です。

  • マイホームを購入した方
  • 車を持っている方

スポンサーリンク

目的別積立とは?

目的別積立は、

お金を使う時期や金額が決まっているものについて

目的、金額を明確決めて項目別に積立を行なっていくものです。

例えば

  • 固定資産税
  • 車買い替え
  • 車検代
  • 自動車税
  • 旅行費用
  • 帰省費用

などなど、

項目を考えようと思えばたくさんあります。

毎年や定期的に払っている、お金を使っているタイミングは

どのご家庭にもあると思いますが、

我が家は金額の大きい

  • 税金支払い(固定資産税と自動車税)
  • 車検代

について目的別積立を行っています。

我が家の目的別積立

ではさっそく、我が家の場合について

お話ししていきます。

固定資産税と自動車税

我が家はマイホームを購入しましたので

毎年、固定資産税を払わないといけません。

固定資産税についてはこちらの記事にも書いています。

また、我が家は軽自動車を1台保有しているので

毎年、軽自動車税を払わないといけません。

どちらも払う時期は毎年春に払込書が届くので決まっていて

金額も軽自動車税は10,800円、

固定資産税は前年の払った金額から予測がつきますので

目標金額はすぐ決まります。

積立詳細は以下の通りです。

積立期間:2019年4月〜2020年4月(13ヶ月)
目標金額:84,000円

前回(去年2019年)の支払い額は

・固定資産税 71,000円

・軽自動車税 10,800円

合計 81,800円でした。

軽自動車税は毎年同じ金額ですが、

固定資産税も同じくらいか、少し安いかなと予測しているので

目標は少し余裕を持って84,000円にしました。

余った場合は、

また翌年の税金支払いの積立へ繰り越し予定です。

現状はこちら。

月々6,000円〜7,000円の積立を

毎月の給料から先取りで積立をしています。

くろねこ
くろねこ

積立しているお金は写真に写っている袋に入れて保管しています。

車検代

次に車検代ですが、

こちらも2年に一度と決まっています。

積立詳細は以下の通りです。

期間:2019年2月〜2021年1月(24ヶ月)
目標金額:100,000円

ちなみに軽自動車を新車で購入して

次で2回目の車検になります。

買い替え予定はなく、必ず車検に出すことになります。

前回は2019年の2月にディーラーで車検をしたのですが、

費用は71,000円でした。

次回はディーラーではなく

お安く済むところで車検をするつもりですが

年数も経ち前回よりは高くなるかな?と想定しているので

目標金額は100,000円にしました。

こちらも余ることがあれば、次の車検の積立へ繰り越します。

現状はこちら。

目標金額は100,000円と

先程の税金積立より金額は大きいですが、

積立期間が24ヶ月もあるので

1ヶ月あたりは4,000円前後になり

少しゆとりを持って貯めることができます。

くろねこ
くろねこ

車検を受けた直後から、

また次の車検に向けて貯めていくことで

積立期間を長く持つことが出来ています。

ただ車検代は税金と違って

払う金額に予測が付かないので

目標金額を超える支払いになってしまう可能性もあります。

車に詳しくない私が知っている限りでもオイル交換やワイパーのゴム、

エアコンのフィルターなど交換になるパーツも多く

タイヤ交換もあると結構金額は高くなりそうです。

100,000円で足りるかな?という心配もありますが、

全く貯めていないよりは良いので

足りなかった分は貯金から出そうかなと思います。

もう一つの目的別積立

我が家がしている目的別積立は、

税金、車検代のほかにもう一つあります。

それは住宅関連費です。

マイホームを購入したので、

いつか修繕費は必ず必要になってきます。

修繕費以外にも、

火災保険料や家具家電の買い替え費用など

マイホームにかかる費用はたくさんあります。

修繕費の金額は

そのときになってみないと分からないというのはありますが、

火災保険は大体の金額は分かりますし

家具家電も調べてみれば予測はつきます。

我が家の住宅関連費としての目的別積立は、

期間:10年間
目標金額:1,500,000円 

です。

1年間で15万円は貯めないといけない計算なので

結構大きな金額です。

くろねこ
くろねこ

マイホーム購入から10年間は

住宅ローン控除が受けられるので、

その還付金を積立していくようにして、

月々の積立の負担を減らしています。

ちなみに期間は10年間と決めていますが、

10年以内にお金を使うことが決まっていることが1つだけあります。

それは火災保険に付随する地震保険です。

火災保険は10年間かけていますが、

地震保険は5年しかかけることが出来ないので

マイホーム購入から5年後に保険料が発生します。

ちなみに我が家は最初、

地震保険に45,400円払っているので

同じくらいの金額が5年後必要になりそうです。

そして10年後には火災保険が更新になり

250,000円ほどは必要になる予定です。

マイホーム自体が高い買い物なので

マイホーム関係のものはどうしても

大きな金額が動いてしまいます。

支払いが必要になったときに困ることがないよう

しっかり貯めていきたいと考えています。

まとめ

我が家の行なっている目的別積立は以上です。

固定資産税は年々下がっていく見込みですが、

それでもやはり金額は大きいです。

車検代についても車必須な我が家にとっては

必要な出費になります。

でもこうして前もってお金を貯めておくことで

家計がマイナスになることはなくなりました。

マイホームを購入した方、

車を持っている方は目的別積立おすすめです。

マイホームの関連費に関しては

新築なのでまだ出費がありませんが

これから出費が発生していくはずなので

その都度ブログに書いていくことにします。

コメント