同一労働同一賃金の導入開始!派遣社員の実際の給料への変化は?

仕事

こんにちは、くろねこです。

働き方改革が進んでいる中、

雇用形態に関係なく、

同一の労働をしている人に同一の賃金を払う

同一労働同一賃金の導入が始まりましたが

ご存知ですか?

パートや派遣社員などの非正規雇用労働者が

正規雇用労働者と同じ待遇を受けられるよう

改善がされていくようです。

パートタイム・有期雇用労働法が

2020年4月1日施行になり、

派遣社員である私にも変化がありましたので

今回はそのお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

同一労働同一賃金とは

同一労働同一賃金については

厚生労働省のホームページに以下のような記載があります。

同一労働同一賃金の導入は、

同一企業・団体における

正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と

非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の

不合理な待遇差の解消を目指すものです。

同一企業内における正規雇用労働者と

非正規雇用労働者の間の

不合理な待遇差の解消の取組を通じて、

どのような雇用形態を選択しても

納得が得られる処遇を受けられ、

多様な働き方を自由に選択できるようにします。

私の感じている待遇格差

非正規雇用でも、

正規雇用と同じような仕事をしている方は

少なくないと思います。

私も正社員を辞め、

現在は派遣社員ですが、

派遣先でもフルタイムで正社員と同じ量の仕事をしています。

転職時に職種を変えたので

今の職種は未経験なため

仕事の処理能力の問題もありますが

正社員は定時退社するのに

派遣の私は1〜2時間残業することもあります。

もちろん残業代は支給されていますが、

私はどんなに頑張っても決まったお給料しか貰えないと思うと

派遣社員でいるなら

お給料に見合った仕事内容が良いなと思います。

正社員で働いていた前職でも派遣社員の方はいましたが、

派遣社員の方には残業をさせないというのが

前職では普通だったのもあり、驚きました。

また、前職の会社では

派遣社員やアルバイトの方にも

交通費を支給していましたが、

私の現在の派遣先は交通費支給はありません。

どちらが普通とかはないと思いますし

感じ方は人それぞれですが、

待遇は企業によるなと転職してすごく思いました。

法律の施行

同一労働同一賃金の導入に伴い、

以下の法律が施行されました。

パートタイム・有期雇用労働法

大企業 2020年4月1日より施行

中小企業 2021年4月1日より施行

労働者派遣法

2020年4月1日より施行

詳しい内容は厚生労働省のホームページを

ご覧になってください。

重要な内容はこちらです。

厚生労働省ホームページより

厚生労働省ホームページより

同じ会社内で、正社員とパートや派遣社員との間に

基本給や賞与などあらゆる待遇について

不合理な待遇差を設けることが禁止されます。

くろねこ
くろねこ

働かせてもらっている以上は一生懸命働きますが、あまり待遇差があるとモチベーションは上がらないなと思います。

同一労働同一賃金ガイドラインの概要では

給料に関して具体的な記載がありました。

厚生労働省ホームページより

1番下に、

「※待遇差が不合理か否かは、

最終的に司法において判断されることにご留意ください。」

との記載がありますが

この法律施行によりこれからは

待遇差はより注目されるものであり、

待遇差を感じたら会社へ説明を求めることが出来るのかなと思います。

法律施行による実際の変化

私の場合

では、この法律施行により派遣社員である私に

変化はあったのか?というと、ありました。

2020年の4月1日から

交通費が支給されることになりました。

ちなみに金額は、

日額で250円程度です。

私はフルタイムで正社員の方と

同じ日数働いているので

月20日出勤とすると月5,000円程度

給料がUPになりました。

私は車通勤をしていますが、

今までは交通費支給は一切なかったので

ガソリン代になる分はもらえる事になり

とても嬉しいです。

ちなみに交通費が支給になる件については

派遣会社の方から説明がありました。

去年2019年の秋頃に、

通勤経路を記入する書類の提出を

派遣会社から求められていたので

交通費がもらえるようになるのかな?

とは想定していましたが、

実際にもらえる事になり、

ある程度金額もあったので良かったなと思いました。

くろねこ
くろねこ

基本給に関しては

標準以上あったとのことで変化はありませんでした。

前職の正社員の時は、

交通費は全額支給されていたので

電車通勤をしていましたが、

派遣社員になると決めた時、

交通費が貰えないということは

仕事を探す上でとてもネックでした。

田舎住まいなので、

電車の定期代は高く電車通勤になる仕事は

選択肢から外すしかなく、

車通勤できる仕事か家からすごく近い仕事に絞っていました。

でも次からは交通費が貰えるなら

選べる仕事の幅は少し広がるなと思いました。

雇入通知書の追加記載事項

法律施行により

上記のように交通費が支給される事となりましたが、

そのような変更内容を明示した書類を

派遣会社の方から頂きました。

それが、「派遣社員雇入通知書(兼:就業条件明示書)」です。

こちらの書類の賃金の欄に

交通費の日額単価の記載が追加されました。

また、給料に関する記載は

以下の内容も追加になっていました。

昇級の有無:有り 勤務状況、業績に基づき判定
賞与の有無:無し 基本賃金に含まれる
退職金の有無:無し 基本賃金に含まれる 

賞与や退職金はありませんが、

昇給の可能性はゼロではないようです。

まとめ

法律施行により、

私は交通費が支給される事になりました。

派遣社員でも交通費が貰えることは

仕事選びの幅が広がるので

嬉しいことだなと思います。

ただ、派遣会社の方はこの法律施行により

小さな派遣会社は会社の存続が難しくなると

おっしゃっていました。

派遣社員としてはメリットがありますが

派遣会社や派遣先には

課題も出てくるのかなと思いました。

これから非正規雇用への転職を考えている方は

交通費や賃金について

よく確認することをお勧めします。







仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
╲ Follow me /
スポンサーリンク
くろねこ家計管理

コメント