離婚における財産分与

離婚

こんにちは、くろねこです。

離婚に関する記事が続いていますが、

どなたかのお役に立てることがあれば良いなと思うので

忘れないうちに記録しておきたいと思います。

今回は財産分与についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

財産分与とは

そもそも財産分与とは、

どのような制度なのか難しい話になりますが、以下の通りです。

Q1 財産分与とはどのような制度ですか

(A)

離婚をした者の一方が他方に対して財産の分与を請求することができる制度です。

財産分与は,(1)夫婦が共同生活を送る中で形成した財産の公平な分配,(2)離婚後の生活保障,(3)離婚の原因を作ったことへの損害賠償の性質があると解されており,特に(1)が基本であると考えられています。

法務省ホームページより

詳細は法務省のホームページをご覧下さい。

法務省:財産分与

財産分与の対象

対象になるものについても定めがあるようです。

Q3 財産分与の対象となる財産は,夫婦共有名義の財産ですか。

(A)

夫婦のいずれか一方の名義になっている財産であっても,実際には夫婦の協力によって形成されたものであれば,財産分与の対象となります。

例えば,婚姻中に夫の収入で土地建物を購入して夫の単独名義になっている場合であっても,妻が家事等を分担して夫を支えていたときは,その土地建物は,実質的には夫婦の財産といえると考えられます。

法務省ホームページより

実際に財産分与したもの

では、具代的に私たちが財産分与したものについて

お話していきます。

現金

現金はそれぞれの名義の口座にある金額を合計して

半分に分けました。

私は自分名義で積立NISAをしていたので

その積立金額も現金として計算に入れて分けました。

また、結婚してから加入していた生命保険も

お互いが解約したので解約返戻金も分けました。

口座にある金額は最新の情報で

通帳記帳を行い、お互いに見せました。

クレジットカード払いにしていた

固定費、生活費はまだ引き落としが完了していないものもありましたが

支払額は分かるので、現金を分ける際に相殺しました。

自動車2台

どちらも元旦那さん名義でしたが、

1台ずつそれぞれが乗っていたので分けました。

私の車は元旦那さん名義になっていましたが、

元は私が独身時代に自分で購入した車を売却、下取りに出して

購入した車だったため、私が通勤や買い物で乗っていました。

ローンで購入していましたが、結婚時に

繰上げ完済していたのでローンは残っていませんでした。

車の名義変更は自分で行い、自動車保険の手続きも自分で行いました。

元旦那さんの車は結婚時に購入したもので

まだローンも残っていましたが、

残債については請求されることはありませんでした。

家具家電

離婚後の生活が私は一人暮らし、

元旦那さんは実家に帰るということもあり、

一人暮らしに必要になる家電などを考慮してくれたので

お互い欲しいものを持って行こうという形になりました。

どっちが持っていくか、揉めることはありませんでした。

私が貰った家電家電は、大きなものでは

炊飯器、ケトル、ルンバ、MacBook、

洋服ケース、コタツのテーブル、全身鏡、

ベッドはシングル2台にしていたので1台ずつ分けました。

テレビはリビングの大きいテレビは

義両親が結婚祝いでくれたものということもあり

大きさも大きかったので私はお断りして、

独身時代に購入していた小さいテレビを貰いました。

そのほか、生活に必要な家電、

冷蔵庫、洗濯機、オーブンレンジは新しく購入しました。

その他

自分だけが使っているものや、自分のものはもちろん自分のもの。

フライパンや包丁などの調理器具などは

ほとんど私が貰いました。

食器も欲しいものは貰いましたが、

破棄したものもありました。

マイホーム

結婚後に土地を購入し、マイホームを新築していたので

財産分与の対象になりました。

どちらも住み続ける意志がない為、

マイホームは売却することに決めました。

連帯債務でそれぞれが持分があり、

住宅ローンの支払いも終わっていなかったこともあり、

売却が完了するまでは登記変更も出来ず、

手続きは長期間かかりました。

マイホームの売却については長くなり為、

また別の記事でお話ししたいと思います。

まとめ

私たちの場合、財産分与については

揉め事なくすることが出来ました。

マイホーム売却は時間がかかりましたが、

マイホーム以外はお互いの両親の干渉もなく

自分たちで決めて相談して完了しました。

マイホーム以外は第三者の関与もなく、

自分たちで出来たので、

分与した記録を残したりもしませんでした。

揉め事なく分けることが出来たことは

本当に良かったなと思います。

離婚について悩む方、

離婚を考えている方もお役に立てていたら嬉しいです。

離婚
スポンサーリンク
スポンサーリンク
╲ Follow me /
スポンサーリンク
くろねこ家計管理

コメント