【離婚】共有名義のマイホーム売却後、住宅ローン完済!掛かった期間は?金額は?

離婚

こんにちは、くろねこです。

離婚についての記事が続いていますが

離婚して1年が経過していましましたので

忘れないうちに書いていきたいなと思います。

 

今回はマイホームが売れるまでのことを

お話していきたいと思います。

スポンサーリンク

売却までの期間

マイホームが売れるまでに

約1年かかりました。

 

不動産会社へ仲介を依頼して

売却活動をしていました。

 

複数の不動産会社へ見積もりを依頼はしましたが

仲介を依頼、契約したのは1社のみでした。

 

決め手は補償内容や、

義両親の紹介ということもあり仲介手数料が安くなるという

メリットがあったので、元旦那さんと相談して決めました。

 

売れるまでの1年間に内覧していただく方も数名いて

購入を検討してくださる方もいましたが

実際の購入までは至らず時間だけが経過していました。

 

1年が経過しようとしているところで

内覧し、購入検討されているお客様がいらっしゃると

不動産会社の担当の方からご連絡がありました。

 

値引きに応じる形になりましたが、

これを逃すとまた1年、

それ以上の期間売れないかもしれないと考えた結果、

売却することを決めました。

 

売却までに払った住宅ローン

連帯債務で住宅ローンを契約しており、

私も持分割合がありましたので

離婚後から売却完了まで私も持分割合に応じて

住宅ローンの支払をしていました。

 

元旦那さんの口座から引き落としになる為、

毎月振込をしていました。

 

マイホーム売却までに支払った

住宅ローン金額は60万円弱です。

 

毎月支払があり、一人暮らしの家の家賃、生活費も

支払っていかなければならなかったので

売れるまでの期間、正直生活は厳しかったです。

 

くろねこ
くろねこ

今までの人生で1番お金がないなと感じた気がします。

 

離婚前の方が間違いなく

生活は安定していましたし、

自由にお金も使えていたと思います。

売却までの出来事

私の場合は離婚届を提出してから

売却活動をしていましたので、

苗字、住所が変わっていました。

 

住宅ローン契約や登記の際とは

名字が変わってしまっていた為、

売却時の登記費用が余分にかかりました。

 

売却時に司法書士さんへ

30,430円お支払いしました。

※元旦那さんの登記費用は19,960円でした。

 

また不動産会社との仲介契約は

1社のみで専任契約でしたので

契約期間3ヶ月ごとに契約書に署名捺印をしていました。

 

不動産会社からは

2週間ごとに状況報告の書類が届いていました。

まとめ

売却完了までにも住宅ローンの支払をしなければならず

大変な思いをしましたが、一人暮らしになり

離婚について悩んでいた頃の

辛さや悩みから解放されていたのは確かでした。

 

お金には変えられないものがあると

すごく実感しました。

 

売却までの期間は両親が食料品を送ってくれたり

外食に行くと事情を知っている職場の方は

多く支払って下さったり、

周りにもすごくすごく助けられたので

感謝の気持ちでいっぱいで、

今ある幸せに気付くこともできました。

 

マイホームが売却完了するまでは

本当の意味で前に進めないと思っていたので

1年はかかりましたが、

早い段階で売却ができたことは

本当に良かったなと思います。

 

離婚を決断して一人で生活していくことは大変ですが、

今は気ままに生活出来ることが楽しいなと思います。

また、マイホームを手放すことが出来たことで

また新たなスタートが出来ること、

大変嬉しく思います。

 

最後までご覧になって頂き、

ありがとうございます。

お役に立てる内容になっていたら嬉しいです。

 

 

 

離婚
スポンサーリンク
スポンサーリンク
╲ Follow me /
スポンサーリンク
くろねこ家計管理

コメント