離婚する?再構築出来る?やっぱり無理だと思い決断するまでの気持ちの変化

離婚



こんにちは、くろねこです。

 

くろねこ
くろねこ

私は30歳で離婚しました。

離婚を言い出したのは私で、

理由は世間で言う性格の不一致です。

 

 

離婚したいとひとり悩んでいた頃には

夫婦の会話はほとんどなく、

時間も気持ちもすれ違っていました。

 

そんな状況から

離婚するべきなのか?

再構築は可能なのか?

とても悩んでいました。

 

最初は再構築したい!出来るかも?

と思っていたのが、

やっぱり離婚したい!しよう!と思えた

気持ちの変化についてお話しします。

スポンサーリンク

最初は再構築出来る、離婚しない方が良いと思っていた

私は離婚に悩みながらも

再構築出来る、やり直せる、

離婚しないほうが良いと最初は思っていました。

 

それは大きく次の4つの気持ちがあったからだなと思います。

・大きな離婚理由がない
・10年以上一緒にいたからやり直せる
・離婚しても再婚できるか分からない
・離婚しても生活していけるか自信がない

 

1つずつお話ししていきます。

大きな離婚理由がない

離婚したいと思いながらも

離婚するに値する大きな理由がないと思いました。

 

不倫されたわけでもなく、

DVされたわけでもなく、

借金されたわけでもありません。

 

私自身に好きな人が出来たわけでもなく、

ただ「こんな夫婦生活はもう嫌だ

という気持ちから離婚したいと思ったので

そんなことで離婚したらダメだし、

性格が違うことなんて当たり前だし、

その程度の気持ちなら

まだやり直せる!と思っていました。

 

自分の気持ちが、本心がどうしたいのか?

ということより、

世間からの目を気にしてしまって、

離婚したいと思ってしまうことはダメだと感じていたのもありました。

 

自分が何を望んで、

どうしたいのか分かっていなかったこともあり、

離婚したいと思うのも

今この状況だからかなと

気持ちに蓋をしているような感覚だったように思います。

10年以上一緒にいたからやり直せる

交際期間も含めると

10年以上一緒にいました。

 

旅行や外食などで色んなところに行ったり

日々たくさんの思い出があって、

振り返ってみると楽しいことばかりで

特に大きな喧嘩をすることなく、

付き合っている頃は仲良く過ごせていました。

 

結婚当初も仲良かったので

休みのたびに外食したり遠出したり、

とにかくたくさんの楽しい時間を過ごしてきたので

楽しかった仲良かった時期に戻れると思っていました。

 

そして10年以上一緒にいる中で

色んなことはありましたが

それでもやはり信頼関係もあったので

お互いが努力すれば再構築出来ると思っていました。

離婚しても再婚できるか分からない

私は人生においてパートナーは欲しいという

気持ちがあります。

 

でも、

離婚しても新たに出会いがあるか、

離婚しても再婚出来るのか、

もちろん確約もないし、

自分から出会いを求めて行動していける自身もなかったので

それならこのまま我慢したほうが…と思っていました。

 

もう10年以上も恋愛をしていないし、

女性としての自信がなくなっていたのもあるかなと思います。

 

 

くろねこ
くろねこ

離婚して1年半、

再婚はしていませんが付き合っている彼はいます。

出会いや再婚に関しては縁があれば巡り合うものだと思うので

気にすることじゃなかったなと今では思います。

悩んでいた当時はそんな風には思えませんでしたけどね。

 

 

離婚して生活していける自信がない

離婚するとなると

実家に戻る選択肢はなく、

ひとり暮らしをすることは確実だったので

生活していける自信がなかったのも

離婚しない方が良いと思っていた理由の1つです。

 

家賃、光熱費などの生活費を

自分の給料で払って生活していくこと、

そして、離婚するとなると

マイホームを売却することになるだろうと考えると

より生活していく実感が湧かず、

自信もなかったです。

 

離婚する!と決断してからも

マイホーム売却は悩みの1つでした。

実際は離婚後1年ほどでマイホームは売却できました。

その詳細についてはこちらの記事にまとめています。

やっぱり離婚しよう!と決めた

再構築出来るかも?やり直せるかも?と

モヤモヤひとりで離婚に悩んでいた気持ちから、

やっぱり離婚したい!離婚しよう!という気持ちに

変化していったのは

次のような気持ちがあったからかなと思います。

・今もこれからも向き合ってくれないと思った
・男性として見れない尊敬できない
・自分の幸せを諦めたくない

1つずつお話します。

今もこれからも向き合ってくれないと思った

私は最終的には「離婚しよう!」と

離婚届を目の前に出して話をしましたが、

その前段階として数ヶ月前に

「このままだと離婚したいと思う」と伝えていました。

 

お互いの転職により

仕事の休みが全く合わなくなり、

夜ご飯を食べる時間も合わなくあり、

時間的にすれ違いが出来てしまったことで

気持ちもすれ違っていく状況でした。

 

”このままではいけない”という思いから

そのことを話していました。

 

明らかにこのままでは夫婦関係は冷え切って

ダメになっていくと分かる状況だったのに

改善しようとする姿勢は見えず、

「どうにかしようという気持ちがないのかな?」と

感じてしまい、そして

(私との)時間を作ろうとしてなかった

と言われたことでも

私の気持ちも冷めていってしまいました。

 

2人のことなのでどちらか一方だけが

良い関係を再構築しようと頑張っても

意味がありません。

 

お互いが努力して現状と向き合っていかないと

良い方向には向かっていかないのに

それをする気持ちも姿勢も見えてこなかったことは

「これからの結婚生活で起こる色んなことについても

同じ姿勢なんだろうな」という気持ちにさせるだけでした。

 

私の中では

楽しいことも悲しいこともどんなことでも共有できる

会話を重ねることが出来る夫婦”でいたかったです。

 

 

くろねこ
くろねこ

向き合ってくれない、

コミュニケーションが取れない夫婦関係を

これから死ぬまで一生、

何十年も続けていくのは無理だと思いました。

 

男性として見れない尊敬できない

当時は転職して1年目だったので

仕事が大変だったのだろうとは思いますが、

転職前から共働きでも家事の負担は9:1で

私がやることが多く、

出しっぱなし、脱ぎっぱなしは毎日のこと。

 

段々とだらしないところばかりが目について

自分のことにしか時間を使わないことばかりが気になって

尊敬出来なくなっていました。

 

時間も気持ちもすれ違っていくことで

コミュニケーションが取れず、

スキンシップを取ることもなくなって

セックスレスにもなっていたので

男性として見ることも出来なくなっていました。

 

そして、

長くなるのであまり詳細には書きませんが

妊活についても積極的でなかった経緯もあり、

「この人との子供が欲しい」と

思えなくなってしまっていたのは

離婚の決定打にもなっているのかなと思います。

 

自分の幸せを諦めたくない

先ほどもお話しましたが、私の中では

楽しいことも悲しいこともどんなことでも共有できる

会話を重ねることが出来る夫婦”でいたかったです。

 

同じ家に住んで毎日同じ顔を合わせるのだから

お互いが楽しく笑顔でいたいと思いますし、

歳を取っても仲良い夫婦でいたいと思います。

 

ひとりでも幸せだけど、

ふたりならもっと幸せ

と思えるのが私の本心であり、

パートナーと楽しく良い関係でいることは

私の幸せの1つなんだと気付いた時に

私は自分の幸せを諦めたくないと思いました。

 

お互いに努力していないと

良い関係は維持出来ないと思っているので

日々のコミュニケーションは大事だし、

スキンシップも大事だなと思います。

 

私たちは関係改善に向かって努力していこうと

お互いが思えなくなっているほど

お互いに疲弊していたのもあり、

もうこれは無理だなと思ってしまい、

再構築したい気持ちも持てなくなっていました。

 

自分が変わらないといけないことも

間違いないことは自覚していましたが、

「相手が違ったら良い関係でいられるのかな?」

「もっと夫婦の時間を大切にしてくれる人なら…」

という気持ちもどこかになったのは確かです。

 

夫婦2人のことなのに

私だけが悩んでいると感じてしまった、

一緒にいるのに寂しさを感じてしまったことで

一緒にいる意味を見失ってしまいました。

 

そんな気持ちがあったので

私は大事にされていないと感じ、

そして大事にしたいと思えなくなっていました。

 

「私にとっての幸せとは?」と考えた時に

「このまま結婚生活を続けた先に幸せがある」とは

思えなくなっていましたし、

2人のことで悩んでいるのに向き合ってくれないなら

ひとりでいる方がよっぽど幸せだと思いました。

まとめ

「離婚したい」と悩み始めてから

気持ちの変化は大きかったです。

 

でも「離婚したい」と強く思うこともあれば

「やっぱりやり直せるかな」と迷いがあったのも確かです。

 

でも一生に一度しかない人生を

悩む夫婦関係でいたくないと思いましたし、

「自分の幸せを諦めたくない」と思えたことは

決断する気持ちを強めたなと思います。

 

夫婦の形は様々で、

正解はないと思いますが、

私は「自分がどんな夫婦関係でいたいのか?」

というのは大事なことと思いますし、

「1人でも幸せ、2人ならもっと幸せ」

と思える人といたいなと思いました。

 

 

くろねこ
くろねこ

私の場合は「1人でも幸せ」と思える

自分の時間を楽しめるようになったのは

離婚してからだなとは思いますけどね。

 

 

離婚したいと思うようになる状況は

人それぞれだと思いますし、

離婚を決断できるまでにかかる時間もそれぞれだと思います。

 

私自身も離婚の決定打は1つではないと思っているので

色んなことに悩み、

決断までには時間もかかりました。

 

再構築するのか、

離婚するのか、

自分が決めた道が正しいと思います。

 

納得いく決断になれば良いのかなと思います。

 

長くなりましたが

最後までご覧になっていただき

ありがとうございました。

 

離婚
スポンサーリンク
スポンサーリンク
╲ Follow me /
スポンサーリンク
離婚してもひとりでもHappy Life☺︎