【オール電化】新築一戸建ての太陽光発電。リアルな電気代と売電金額を公開!

収入と支出

こんにちは、くろねこです。

マイホームを建てるにあたって、

太陽光発電システムを採用するか迷っていませんか?

売電価格が年々下がっているので、

メリットはあまり感じられないと思う方も多い方と思います。

メリット、デメリットはありますが

ここではそれについては言及しません。

我が家は現時点ではつけて良かったと思っています。

我が家の太陽光発電システムでの

電気代と売電金額を公開しますので

採用されるか参考にして頂けたらと思います。

スポンサーリンク

我が家の太陽光発電と環境

我が家の太陽光パネル搭載量は、10.5kW。

売電での買取期間は20年間、

1KWhあたり約19.4円です。

余剰買取なので、発電している時間帯は

発電した電気から使われて、

発電した電気で足りない時は足りない分を電力会社から購入しています。

太陽光パネルは、住宅ローンとは別でローンを組みましたので

10年間はパネルローンの支払いありです。

エアコンはリビングと寝室についています。

南向きなので日当たりは良いと思います。

ちなみにオール電化(エコキュート)なので、ガス代請求はありません。

電気代と使用量

引っ越してからの電気代と使用量は、こちら。

8/7~8/20  6,540円

8/21~9/18  11,408円

9/19~10/18  7,334円

10/19~11/19  8,367円

11/20~12/18  10,577円

12/19~1/21  12,881円

※8月以前から住んでいましたが、ハウスメーカーの担当者が

電気料金の切り替えを行うのが遅かったので8/7以降から電力会社の請求になっています。

それ以前はハウスメーカーから請求があり、正確な数字ではないので記載していません。

電気代は思っていたよりも安いです!!

夏はエアコンを1日付けっ放しにしたり

仕事でいない時間は消しておいて帰る時間より少し前に

つくようにタイマーにしたりしてました。

部屋が広くなったので電気代上がるかなと思ってましたが

かなり快適な夏を過ごせていたのに料金安くてびっくりです。

賃貸のときは夜だけエアコンつけただけでも

電気代は夏場10,000〜12,000円払って、

プラスしてガス(プロパン)代もあったのでトータルでは20,000円近く払ってました。

冬は床暖房を入れていて、エアコンは一切使っていません。

床暖房は10月末からONにして、24時間稼働させていますが

部屋によって温度を変えたりセーブ運転も利用しています。

スエット上下で過ごす気温なので、暖か過ぎず寒過ぎずな気温ですが

部屋を移動しても気温差がないのでストレスなく過ごせています。

今はリビングが吹き抜けで、賃貸の時より部屋も広いですが

夏も冬もすごく快適!電気代も安いので嬉しいです。

賃貸暮らしの時の光熱費は、こちらから。

売電金額と発電量

夏にマイホームへ引っ越ししましたが、

太陽光発電が開始されたのは9月中旬からなので

それ以前は買電のみです。

金額はこちら。

9/12~9/18  3,421円

9/19~10/18  17,262円

10/19~11/19  17,865円

11/20~12/18  8,067円

12/19~1/21  11,625円

夏の暑い時期に発電開始されなかったことがとても残念ですが、

9〜11月でも17,000円超える金額だったので

次の夏の発電量、売電金額が楽しみです。

今年は全国的に豪雨だったり、天気が悪い日が続いたりで、

あまり発電量が伸びなかったかなと思います。

発電自体はしていたけど、発電している昼間は

発電している分から使用していたというのもあります。

発電した分から使われていたので

電気代が安く済んでいるということであり、

売電金額が伸びなかったということです。

売電と買電

契約プランによって、

どの時間の電気代が安いか高いかが異なりますが、

我が家は深夜が安く、昼間と夕方が高いです。

順番では昼間>夕方>深夜になってます。

昼間は発電で賄えることも多くて、

仕事から帰ってご飯作り始めるので夕方の使用が多くなるため、

このプランで合っているのかなと思います。

家事はなるべく夜間に済ませた方がお得なので

・食洗機は23時以降に稼働するか、予約機能を使用

・エコキュートの湧き上げは23時以降

この2つは深夜に。

では、

売電と買電どちらの利用がお得でしょうか?

我が家の場合は深夜は1kWhあたり15円で買電です。

売電は1kWhあたり約19.4円。

ということは、深夜料金の間(深夜から朝まで)は

売電するはずだった19.4円を使うよりは

15円の買電を使う方がお得です。

深夜料金は朝まで適用されますが、

朝方は日が昇ると売電(発電)開始されるので

同じ深夜料金の時間なら、

発電していない深夜の時間に電気を使う方がお得ということになります。

逆に言えば、発電している時間は

買電額が1kWHあたり20円以上になれば

発電(売電分)から使う方がお得という計算に。

時間帯によってどちらがお得か違うので考えて使いたいものです。

参考になるか分かりませんが、以上が我が家の太陽光発電事情です。

電気代と売電金額については

Instagramにも載せていますが、ブログにも随時載せていきます。

コメント