再就職手当とは?実際の金額と給付までの流れ。

仕事

こんにちは、くろねこです。

転職を考えるとお金の不安、すごくありますよね。

私は昨年初めて転職を経験しましたが、

自己都合退職だったため3ヶ月の給付制限で失業保険はすぐに貰えず

金銭的に生活がすごく不安になりました。

退職前は、離職したら1年くらいは

仕事せずお休みしたいと思っていましたが

お金の不安からそうもいかず離職から2ヶ月後には再就職しました。

その際に頂いたのが再就職手当です。

本当にありがたかったので転職する方で

知らない方にはぜひ知っておいて欲しい手当です。

私が貰った実際の金額を含め、詳しくお話ししていきます。

私の転職については、こちらの記事もご覧下さい。

スポンサーリンク

再就職手当とは?

そもそも再就職手当とはどんなものかご存知ですか?

再就職手当とは、

雇用保険受給資格者が、基本手当の受給資格決定を受けた後に

早期に安定した職業に就く、または事業を開始した場合に

支給される手当のことです。

ただし、

基本手当の所定給付日数の3分の1以上の支給日数を残して、

支給要件をすべて満たす必要があります。

ちなみに私の所定給付日数は90日でした。

再就職手当の金額

私の場合

再就職手当の金額は、

もちろん人によって金額は異なりますが、

私は315,441円でした。

離職前はこんなに貰えると思っていなかったので

すごく嬉しかったです。

ちなみに失業保険は全く支給されることなく再就職し、

2ヶ月で再就職を決めたので再就職手当は満額貰えました。

貰える金額は?

支給額は、以下の通りです。

所定給付日数の3分の1以上残して就職

⇨支給残日数の60% × 基本手当日額

所定給付日数の3分の2以上を残して就職

⇨支給残日数の70% × 基本手当日額

ハローワークの受給資格のしおり より

私は、所定給付日数が90日、

支給残日数が60日以上だったので支給率は70%に該当しました。

ここでいう支給残日数とは、

所定給付日数からすでに基本手当の支給を受けた日数、または、

傷病手当、就業手当、再就職手当、就業促進定着手当の支給を受けたことにより

基本手当の支給を受けたものとみなされた日数を差し引いた日数のこと。

私の場合は自己都合退職で給付制限期間が3か月あり

基本手当の支給を受けることなく再就職したので

支給残日数は60日以上でした。

支給を受けるための要件とは?

再就職手当をもらうためには、以下の要件をすべて満たす必要があります。

  • 就職日の前日までの基本手当の支給残日数
  • 1年を超えて勤務することが確実であると認められること
  • 待機満了日以降の就職であること
  • 離職理由により給付制限を受けた場合は、
  • 待機満了日後の1か月間はハローワーク等または
  • 許可、届出のある職業紹介事業者等の紹介により就職したものであること
  • 離職前の事業主に再び雇用されたものでないこと
  • 就職日前3年間以内の就職について
  • 再就職手当または常用就職支度手当の支給を受けていないこと
  • 受給資格決定前から就職が内定していた事業主に雇用されたものでない
  • 原則、雇用保険の被保険者要件を満たす条件での雇用であること

上記の8点、すべてを満たす必要があり

私のように派遣社員として再就職手当を貰おうと思うと

雇用期間に注意が必要です。

派遣社員では雇用期間が1年以内の場合もあるので

その場合は支給の対象外になってしまうことも考えられます。

私は派遣社員としての再就職でしたが、

雇用期間が定められている仕事のため

再就職手当は対象外なるかな?と思いましたが

契約更新をすれば雇用期間が1年以上になる派遣契約でしたので

派遣会社にその証明をして頂き、

無事に再就職手当を頂くことが出来ました。

申請から給付までの期間

支給申請を行い、必要な調査確認が行われ、

その結果が通知されるまでに約1か月〜1か月半かかるようです。

私の場合は、申請してから支給されるまでは
2ヶ月かかりました。

具体的な日時としては、

4/9 書類送付

6/13 支給決定通知書が届く

このような流れでした。


4月は再就職する方が多いので手当を申請される方も多いため
時間がかかるかもしれないとハローワークの方に言われていましたが
まさにその通りで申請してから支給されるまでは2ヶ月かかりました。

時期によってはもっと早く支給されるかと思いますが

時期によっては時間がかかる場合もあるようです。


まとめ

再就職手当を支給して貰うためには

要件をクリアする必要があり、

離職からの時期によって支給金額が異なります。

要件はすべてクリアしなければいけないので注意が必要です。

自己都合退職ですと給付制限があるため

3か月は手当が給付されませんが

再就職を出来れば給料も貰えて再就職手当も貰えるので

メリットは大きいなと思いました。

転職先を決めてから離職し、再就職すると

再就職手当の支給には該当しなくなりますが

転職先を決めずに離職しても再就職が出来れば手当はもらえます。

離職前に焦って再就職先を探して

嫌々ながら再就職するのであれば、

再就職先を決めずに離職して再就職先を少し余裕を持って探す

選択肢もあるということを知って頂けたらと思います。

私の場合でも31万円貰えたので、

知らなかったら損する金額を貰えるかも知れません。

支給受けるかどうかは別として、とにかく

こんな手当があるということを知って貰えたら嬉しいです。

そして周りに転職しようとする方がいたら

ぜひ教えてあげて欲しいです。



仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
╲ Follow me /
スポンサーリンク
くろねこ家計管理