就業促進定着手当とは?実際の支給額を公開!

仕事

こんにちは、くろねこです。

転職したら貰える手当を、ご存知ですか?

もちろんすべての人が貰えるわけではありませんが

貰える可能性がある方もたくさんいると思います。

前回の記事で再就職手当についてお話ししましたが、

今回は就業促進定着手当というもので前回の続きのお話になります。

 

では実際に支給され金額も含めて

就業促進定着手当についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

就業促進定着手当の詳細

まずは簡単に制度そのもののお話をします。

就業促進定着手当とは?

再就職手当の支給を受けた方で、

再就職先に6か月以上雇用され、

再就職先での6か月間の賃金が離職前の賃金よりも低い場合に、

基本手当の支給残日数の40%(※1)を上限に

低下した賃金の6か月分の支給をするもの。

 

(※1)再就職手当の給付率が70%の場合は、30%

 

支給対象者

次の要件すべてを満たす方が対象になります。

  • 再就職手当の支給を受けている
  • 再就職手当の支給を受けた再就職の日から同じ事業主に6か月以上、雇用保険の被保険者として雇用されている
  • 所定の算出方法による再就職後6か月間の賃金の1日分の額が、離職前の賃金日額を下回る

 

支給額

次の式で計算されます。

ハローワークから頂いた資料より

 

くろねこ
くろねこ

正直金額の計算は分かりにくかったです。ハローワークで対象になるか計算して貰うと良いと思います!

 

再就職後6か月間の賃金1日分の額の算出方法は次の通りです。

 

ハローワークから頂いた資料より

申請期間と手続き

申請期間

再就職した日から6か月経過した翌日から2か月間

申請先

再就職手当の支給申請を行なったハローワーク

申請書類

  1. 就業促進定着手当支給申請書
  2. 雇用保険受給資格者証
  3. 就職日から6か月間の出勤簿の写し
  4. 就職日から6か月間の給与明細または賃金台帳の写し

 

就業促進定着手当支給申請書は、再就職手当の支給決定通知書が届いた際に同封されていました。
雇用保険受給資格者証は紛失してしまった場合は顔写真1枚と本人確認書類(運転免許証、健康保険証、住民票、住民基本台帳カードのうちいずれか1つ)を本人が持参で再交付可能なようです。
出勤簿と賃金台帳の写しは、事業所による原本照明が必要です。

 

提出方法

  • 本人が持参
  • 代理人が持参
  • 郵送(郵送事故防止のため、簡易書留を利用)

 

くろねこ
くろねこ

私はハローワークへ持参しました。その際にこのくらい支給されると思いますよ〜という金額と時期を教えてくれました。

私の場合

では、実際の私のお話をしていきます。

まず皆様が気になる金額は、77,375円でした。

 

くろねこ
くろねこ

ちなみに再就職手当は315,441円でしたので、

合計では392,816円と40万円弱を頂くことが出来ました。

とっても有難い金額でした。

 

 

ちなみに申請から支給されるまでは

2週間もありませんでした。

思っていたよりも早く支給していただけました。

 

私は転職して働き方を変えました。

離職前は正社員フルタイム

離職後は派遣社員フルタイム  です。

 

雇用形態は変わりましたが、

フルタイムで働いていて派遣社員になってからも

雇用保険には加入しています。

再就職手当の支給要件の一つに

1年以上継続して雇用というものがあり、

この就業促進定着手当では6か月間の要件があります。

1年以上働くことが明確でないと

この2つの手当をもらう事は出来ません。

転職は初めてのことで

再就職手当は欲しくて貰ったけど1年間無事に働けるかな…

という不安もありましたが、

6か月が経過して就業促進定着手当を頂いて

もうすぐ1年が経とうとしています。

手当を頂けたことは1年間頑張ろう!

という原動力にもなったかなと思います。

 

まとめ

就職先を決めてから離職し再就職すると手当は貰えませんし、

再就職先を決めずに離職しても

まずハローワークで失業認定を行わなければ

手当をもらうことはできません。

再就職先を決めて離職できる方が、

給料を途切れることなく貰えますし、

年金や健康保険の手続きの手間は無くなるので良いと思います。

でも離職前に焦って次の就職先を決めようと

働きたくないところで正社員になるなら

再就職先を決めずに離職して

少し落ち着いて再就職先を決めて

手当も貰えるのもありかなと思います。

私は転職するにあたって職種を変えたいと思い、

でも初めての職種で

いきなり正社員になる自信もなかったので

派遣社員を選んだというのもあります。

雇用形態によって手当が限られてしまうことはないので

ご自分が支給の対象になるか必ず確認してみて下さいね。

 

知らなかったら貰えないし、

申請しないと貰えない手当になるので

転職を検討されている方には知っておいて欲しいなと思いました。

どなたかのお役に立てれば嬉しいです。

 

 

仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
╲ Follow me /
スポンサーリンク
くろねこ家計管理

コメント